【公式サイト】フランス発!ヨーロッパで大人気のペット用ブラシ「Foolee(フーリー)」
フーリー日本総代理店 株式会社ルークラン
eメールでのお問い合わせはこちらからどうぞ → info@rookcran.com
ホーム フーリー人気の秘密 購入された方の声 よくあるご質問 ご購入


メールやお電話でいただくご質問をまとめました。ご購入時のご参考にして下さい。

 

Q 今までブラッシングを軽視していました。もしブラッシングをしなければどうなりますか?
A 日常的なブラッシングはペットの健康維持に欠かせません。なぜなら、抜け毛やアンダーコートが除去しきれずに表皮上に残ると皮膚呼吸を困難にしたり、健康な毛の生え替わりを阻害したり、不衛生による皮膚病を引き起こします。
また特に猫の場合、セルフグルーミングの時にアンダーコートを舐め取ってしまい、おなかの中に毛が溜まる「毛球症」を起こしかねません。ですので、大切なペットのためにもブラッシングはとても重要であり、それは私たち飼い主の責任でもあるのです。
     
Q フーリーを使うと驚くほど毛が取れるのですが、無理に毛を抜いているようで心配です。大丈夫ですか?
A Foolee(フーリー)は、抜け毛と不要なアンダーコートだけを毛並みに沿って取り除きますので、決して無理に毛を抜いているわけではありません。ですので、ペットに負担やストレスをかけたりすることはありません。
逆に、今までブラシングを嫌がっていたペットでも、簡単かつ落ち着いてブラッシングができるようになります。
     
Q 毛がなくなったり、新しい毛が生えなくなってしまうことはありませんか?
A 犬や猫の毛は年中生え替わっていますので新しい毛が生えなくなることはありません。むしろ古い毛を取り除いてあげることで新しい細胞(毛母細胞)が生まれ、新しくきれいな毛が育ちます。
     
Q 皮膚を痛めませんか?
A 表皮には、被毛と呼ばれるオーバーコートよりもたくさんのアンダーコートが生えています。このアンダーコートがあることにより、Foolee(フーリー)の刃先が直接皮膚に当たることはありません。スリッカーブラシと呼ばれるピン状のブラシの方が皮膚に直接当たるため、痛がる場合があります。
ただし、皮膚に問題(怪我、かゆみ、炎症、しっしん等)がある場合は使用しないで下さい。
     
Q 絡まった毛(毛玉)は取れますか?
A Foolee(フーリー)は、抜け毛や不要なアンダーコートを的確に取り除くためのブラシです。ですので、毛が絡まっていたり団子状になっている場合は、それをほぐしてからFoolee(フーリー)をお使い下さい。
     
Q どのような犬種・猫種に使用できますか?
A アンダーコートのある犬種、猫種にご使用いただけますが、シングルコート(プードル、マルチーズ、シー・ズー、ヨークシャーテリア、ピーターボールド、オリエンタルロングヘア、オリエンタルショートヘア、シャム、スフィンクス、バリニーズ等)の犬種・猫種にはご使用いただけません。詳しくはお問い合わせくださいませ。
また、ショードッグ、ショーキャットには不向きです。
     
Q ステンレスブラシやラバーブラシを持っています。それでも必要ですか?
A フーリーを購入された方の98%が、2本目のブラシとして購入されています。つまり、絡まった毛や団子状になった毛玉をほぐすためのブラシも必要ですし、抜け毛やアンダーコートをきれいに取り除くためのブラシも必要だということです。プロ(美容師、トリマー)によれば、両ブラシを併用することが正しいブラッシングとされています。
     
Q 似たような刃のブラシがありますが、それらと何が違うのですか?
A 一つ目は、ブラッシングの性能です。
刃の形状は似ていても、性能の違いはブラッシングをしてみると一目瞭然です。安価なブラシはお手ごろ感がありますが、抜け毛・無駄毛が効率よく除去できず、逆に大切な被毛を切ってしまうため、ペットのためのブラシとは言えません。
二つ目は、デザインです。
フーリーは人間工学に基づいた形状設計をしているため、持ちやすさ、握りやすさ、扱いやすさなどは、プロ・アマ問わず実施した約100名のモニター調査の結果、他のどのブラシよりも優れていると評価されました。そして、色鮮やかな10色のカラーリングも魅力的なデザインの一部として多くの方に支持されています。
     
Q 高価なブラシなので迷っています。
A 安価な商品が溢れる中、フーリーが19秒に1本というスピードで売れているのには理由があります。それは、
@獣医やプロトリマーの目線で開発された本物志向のブラシである
A類似品との実力差は明らかで、ブラッシングや抜け毛の悩みを真に解消する、信頼できるブラシである
Bブラシ本体(一体成型品)、刃(素材:SUS420J2)とも高強度・高耐久のため製品寿命が長い
などの理由です。
1回のトリミングで5〜6千円することを考えれば、長く使えて、かつブラッシングの悩みを解消するフーリーは、コストパフォーマンスに優れています。特に多頭飼いされている方の場合、さらに割安感を実感いただけることと思います。
     
Q フーリーのお手入れ方法と、櫛(くし)の交換時期があれば教えてください。
A ブラシをいつも清潔に保っていただくため、ご使用後は除菌スプレー等で櫛部をお手入れいただくことをお勧めいたします。櫛先に汚れが付着する場合がありますので、歯ブラシ等で汚れを除去してください。櫛部はステンレス製のため錆びにくいですが、濡れた状態で放置されますと錆びの原因になりますので、お手入れ後はしっかり乾かしてから保管するようご注意ください。
また櫛部の交換時期目安は、ご使用頻度やブラッシングする犬猫の毛質によって摩耗度合いが異なりますため特に定めておりません。事例としては、サロン様のように連日数十頭のブラッシングを行う場合に1〜2年程度で交換するケースや、7年以上櫛部を交換せずご使用されているケースもあります。長くご愛用いただくため、ブラッシング後は櫛部に保護キャップをして、正しく保管くださいますようお願いいたします。

 

 

トップページ | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー | 販売代理店登録に関するお問い合わせ(ショップ様用)

WWF HAPP JSPCA 
売上金の一部を、これら活動の支援金として寄付させていただいております。

 

Copyright ROOKCRAN All Rights Reserved.